Journal

Nishitokyo house, Harajuku flat

photo by Akira Nakamura

ウェブサイトに掲載していただいた記事をいくつかご紹介いたします。

西東京ハウスがウェブサイト「日刊 住まい」で紹介されています。雑誌「住まいの設計」の記事が、ウェブ用にリライトされています。

17坪の小さい敷地に!4人家族が楽しく暮す仕掛けをギュッと詰め込んだ

photo by Takeru Koroda

同じく「日刊 住まい」でもうひとつ。愛用の椅子を紹介しています。こちらも雑誌からの転載です。

愛用の椅子を見せて!建築家4組に聞きました

photo by Natsuki Hamamura

最後は、原宿フラット。
ウェブマガジン「くらしマグネット」の連載「ネコと暮らせば」で紹介されています。

ネコと暮せば vol.1 まきゃべりくん&浜村菜月さん

お時間のある時にぜひのぞいてみてください!

some photos 2

HOMEBASE / Photo by Takeru Koroda

照明いろいろ

1枚目:フランスのデザイナー シャルロット・ペリアンによるウォールライト。シェードを動かして上下に配光を変えられるので、ベッドサイドにぴったりです。
2枚目:ユニークなかたちの電球のシーリングライト

Urawa house / Photo by Akira Nakamura
Kasai house / Photo by Natsuki Hamamura

左:天井の高いキッチンにシンプルなペンダントライト
右:青い壁 x 黒いライト。これもベッドサイドの照明です

Kunitachi flat / Photo by Takeru Koroda

間接照明に使うLEDを天井に直付け

Kodaira house / Photo by Takeru Koroda

Ota house / Photo by Takeru Koroda

平屋の佇まい。

some photos

Kasai house / Photo by Natsuki Hamamura

家でゆっくり過ごす時間に家のことを考えるのも良いかもしれないですね。
過去のアーカイブから、オフショットを中心に少しずつ紹介してみようと思います。

jindaiji house / Photo by Takeru Kotoda

キッチンのリノベーションプロジェクト。
丁寧に使い込まれた道具を見ているだけで幸せな気持ちになります。

H.works / Photo by Takeru Koroda

引戸でつながる景色

HOMEBASE / Photo by Takeru Koroda

Small space
狭いことが魅力になる場合もあると思うのです。

urawa house / LiVES

浦和ハウスが雑誌「LiVES」vol.110, April-May, 2020に掲載されました。
特集「最高の間取りのつくり方」で「玄関を遊びの広場に。自由度と開放性で無理なく子育て」と紹介されています。

中学生から就学前までのお子さんが暮らす浦和ハウス。設計の段階から、現在、5年後、10年後、15年後‥お子さんの成長にしたがって家族の生活が変化する中で、どんな住まい方ができるのだろう?というのは中心となるテーマのひとつでした。例えば今切実であることについても数年後には全く問題ではないことだってあるのではと思います。その時になってみないとそうなるかどうかはわかりませんが、ちょっと想像してみることも大事なことですよね。

浦和ハウスでは広い土間やロフト、個室になっている子供室と仕切りのない子供スペースなど、所々に余白を作っておくことで変化に対応できる仕掛けをつくりました。お子さんが三輪車で疾走する土間も数年後には違った場所になっていて、三輪車時代を懐かしく思い出すかもしれない。そんな想像をするのも楽しいです。

SumaiとLives。書店で見かけた時にはぜひお手にとってみてください。

nishitokyo house / Sumai

西東京ハウスが雑誌「Sumai 住まいの設計」4月号に掲載されました。
世代ごとの暮らしをテーマにした特集「30代の家と暮らし、50代からの家と暮らし」にて、30代の家の事例として「スペースは最低限の要素でOK! 家族4人が楽しめるシンプルな家」と紹介されています。

音楽が好きなご主人の楽器や機材がリビングやロフトに配置され、奥さまの好きな観葉植物や切り花やドライフラワーがそこかしこにあしらわれ、お子さんのおもちゃや工作がさりげなく取り入れられています。ロフトを入れても25坪少しの床面積にこれだけの盛りだくさんな要素が入れば混沌としそうなものですが、むしろ親しみやすいリラックスした空間になっています。

30代の家、50代の家。とても興味深いテーマです。
建てる時期が違えば優先事項も変わるのは当然ですが、心地いいと感じる気持ちは変わらないはずです。時間を経てもその時々で楽しく暮らせる家であることも大切にしたいと思います。

おまけ。今日の金物
哲学者ウィトゲンシュタインが設計したストーンボロー邸のドアノブが復刻されているのを知ってしまったからには、使うあてなんかなくたって手に入れなくてはなりません。
装飾のない白い壁、規則的に並ぶスチールサッシ、裸電球の照明が衝撃的にかっこよくて、今も昔も憧れの建築です。スチールサッシが好きなのは彼の影響かもしれません。偏執的にこだわったといわれる美学がドアノブひとつにまで感じられ、握ってはニヤニヤしてしまう。
general viewで見つけました。

1 2 3 4 5