Journal

kodaira, tamagawagakuen

今年の2月に竣工した住宅におじゃましました。

雑誌の取材にご協力いただいたのですが、引っ越されてから初めての訪問にわくわく。奥様の好きな器や雑貨、ご主人のDIYによる本棚がとても良く馴染んでいました。

晴天の5月、グリーンの美しい季節です。初めて敷地を見せていただいた時に一目惚れした、お庭の植物がすっかり復活していました。

昨日はこのブログにもよく登場する(‥ということはよくおじゃましているということなのですが‥)、玉川学園ハウスにも訪れました。

こちらはあの長寿番組のTV取材にご協力いただきました!

お庭にはご主人のDIYによる薪置き場が。気がつけばガレージやフェンスを着々とDIYで作られています。お見事です!

どちらの住宅も、お料理が上手な奥様とDIYを得意とされるご主人で、自分たちの手でものづくりを楽しみながら生活されている様子が素敵でした。
居心地がよくてついつい長居してしまうのは、本当に気をつけなくてはいけない‥と毎回反省するのでした。

at seven in the morning

春眠に限らず暁を憶えない私ですが、今日みたいな晴天の朝に早起きすると少し得した気持ちになります。

随分と日が長くなってきました。夕暮れ時の穏やかな時間もいいですね。

souvenir

イラストレーター風間勇人さんのSOUVENIR展。

イエティ、イヌイット、フラガール、印度人、山男、犬、猫、鳥‥。
世界の国々の土産物屋の片隅にたたずむ郷土玩具のようなユーモラスな作品。

散々悩んだ末に造形が秀逸なおすもうさんを購入。ウチの土産物コーナーにも違和感なく馴染んでいます。

谷保のやぼろじにあるcircle gallery&booksにて3月30日まで開催。おすすめです。

Stove

東京で雪が降った翌日。玉川学園ハウスのお施主さまから、かねてよりリクエストしていた「薪ストーブを囲む会」にお招きいただきました。

エントランスドアを開けると目の前に赤々と火が燃える暖炉がお出迎え。いきなりテンションが上がります!

薪ストーブのある住宅の設計は初めて。玉川学園ハウスではお施主さまの強い想いから実現しました。建物との絡みも多いのでサポートはしましたが、ストーブの選定から手配までお施主さま主導でしたので、ストーブに関しては教えてほしいことばかり。使い方から感想まで質問攻めしてしまいました。

一口にストーブといっても、燃料が薪なのかペレットなのか、方式が輻射式なのか対流式なのかによって扱い方も体感も違ってくるそうです。
玉川学園ハウスでセレクトされたのは輻射式の薪ストーブ。ストーブの近くでは焚き火のような暖かさを感じます。

ストーブを土間に設置したのは汚れや傷が気にならず大正解だったそうです。
夏はひんやりと気持ちいい土間ですが、冬はストーブがあることで自然と人が集まる場所になります。

ストーブの熱は吹き抜けを上って2階にも行き渡り、2階で補助暖房は要らないそう。2階の床までほんのりと暖かく感じます。

上面は煮込み料理に最適。ルクルーゼやストウブなどの鋳物の鍋との相性は抜群だそうです。熾火(おきび)になってから直火で調理するのもキャンプ料理のようで楽しそうでした。
あじのある古い鉄瓶もよく似合っていました。

お料理はストーブで調理した煮込み料理をメインにいただきました。じっくりと煮込んだお肉が柔らかく、ワインが進みます。パンも直火でさっと表面に焦げ目をつけて。少しスモークしたような香ばしさが美味しかったです。

食後はストーブの前に戻ってコーヒータイム&カルタ大会。下にウールのラグを敷いて床座でまったり過ごしました。めらめらと揺らめく炎は見飽きず、気持ちまで暖かくなります。

あまりの心地よさと尽きない話にまたもや長居してしまいましたが、冬の夜の贅沢なひとときでした。

4 5 6 7 8 9 10