Journal

Stove

東京で雪が降った翌日。玉川学園ハウスのお施主さまから、かねてよりリクエストしていた「薪ストーブを囲む会」にお招きいただきました。

エントランスドアを開けると目の前に赤々と火が燃える暖炉がお出迎え。いきなりテンションが上がります!

薪ストーブのある住宅の設計は初めて。玉川学園ハウスではお施主さまの強い想いから実現しました。建物との絡みも多いのでサポートはしましたが、ストーブの選定から手配までお施主さま主導でしたので、ストーブに関しては教えてほしいことばかり。使い方から感想まで質問攻めしてしまいました。

一口にストーブといっても、燃料が薪なのかペレットなのか、方式が輻射式なのか対流式なのかによって扱い方も体感も違ってくるそうです。
玉川学園ハウスでセレクトされたのは輻射式の薪ストーブ。ストーブの近くでは焚き火のような暖かさを感じます。

ストーブを土間に設置したのは汚れや傷が気にならず大正解だったそうです。
夏はひんやりと気持ちいい土間ですが、冬はストーブがあることで自然と人が集まる場所になります。

ストーブの熱は吹き抜けを上って2階にも行き渡り、2階で補助暖房は要らないそう。2階の床までほんのりと暖かく感じます。

上面は煮込み料理に最適。ルクルーゼやストウブなどの鋳物の鍋との相性は抜群だそうです。熾火(おきび)になってから直火で調理するのもキャンプ料理のようで楽しそうでした。
あじのある古い鉄瓶もよく似合っていました。

お料理はストーブで調理した煮込み料理をメインにいただきました。じっくりと煮込んだお肉が柔らかく、ワインが進みます。パンも直火でさっと表面に焦げ目をつけて。少しスモークしたような香ばしさが美味しかったです。

食後はストーブの前に戻ってコーヒータイム&カルタ大会。下にウールのラグを敷いて床座でまったり過ごしました。めらめらと揺らめく炎は見飽きず、気持ちまで暖かくなります。

あまりの心地よさと尽きない話にまたもや長居してしまいましたが、冬の夜の贅沢なひとときでした。

new year

東京では晴天が続いています。
例年通り、慌ただしい年の瀬とゆるゆると過ごす年始で今年もスタートです。

昨日は、このところ毎年お参りしている高尾山の薬王院へ友人+子供と初詣に行きました。今日は初詣ラッシュも過ぎてのんびりした境内の谷保天満宮へ。計画中の谷保のプロジェクトの、神様への近隣挨拶へ。

冬枯れた庭もいい風情。工事中の小平の住宅も今月末にはいよいよ竣工です。
年末にはリノベーションの現場も始まりました。こちらも近く竣工する予定です。

正月気分を切り替えて、しかり監理したいとおもいます。

おまけ。
年末恒例のフラウピルツのシュトレン。ドイツに住む友人からもいただいて、シュトレン三昧な年末でした。

ネコ2匹は我が家に来てからちょうど1年が経ちました。当たり前だけど年末年始もマイペースな2匹でした。

summer days

計画を進めていました小平の住宅がいよいよ着工します。

先週より敷地内の樹木を一部伐採して地鎮祭をおこないました。

敷地一面に樹木が生い茂っていたため、サルスベリ・カキ・ウメ・ツバキなど建物にかかってしまう最低限のの樹木はやむなく伐採しましたが、大きなセンダンの木は保存しました。さわやかな木陰を落としています。

敷地に隣接してお施主さまのお母さまの草花畑があり、いつ行っても四季折々の草花が美しい。

新しい住宅からもこの借景を十分に楽しめるよう計画しています。私にとっても楽しみなプロジェクトのスタートです。

また別の日。

春に竣工した住宅の撮影とインタビューにうかがいました。今回も撮影は来田猛さん、インタビューは佐藤可奈子さんにお願いし、photos and interviewsにまとめる予定です。

蒸し暑い日で、エントランスの土間でお話しをうかがうことになりました。ひんやりとした土間と時々吹き抜ける風のおかげで、しばらくすると暑さを忘れていました。‥とはいえ、インタビューの後に飲んだビールの美味しかったことといったらこの夏一番でしたが‥。

雑談を交えながら終始和やかムードで進められる、佐藤さんの長いインタビューの最後に、お施主さんが「計画中、工事中のことを久しぶりに思い出して懐かしい気分になりました。建てている最中が楽しくて工事が終わらなければいいと思いました。」と言ってくださったことがうれしかったです。

さてここからは、お施主さんのお子さんカメラマンによる写真シリーズ。私のipadを奪って撮ってくれた作品のテーマは「好きなものと場所」。ちょっとピンぼけだけどなんだかいい写真。

4 5 6 7 8 9 10