About

日々の暮らしの中で長く愛され、使い続けたいと思うような空間をつくりたいと思います
簡素な空間
時に必要だったりするけど、余分なものはなるべくないほうがいい
シンプルだからこそディテールやバランスにはとことんこだわる
でも居心地やおおらかさといった、その空間に漂う空気は損なわないようにする
素材を大切にする。材料のもつ特性を十分に理解して引き出す
構造、工法、設備など建物の性能に気を配ることはもちろん、新しい技術に注目して賢く取り入れる
変わることと変わらないことを意識し
流行にとらわれず、飽きのこない場所をつくることを考え続けたいと思っています

Biography

straight design lab
2003年に設立。
主に住宅を中心とした建築の設計・監理をしています。
戸建て住宅やマンションのリノベーション、店舗やオフィスのデザインなども手がけています。
そのほか、建築・デザイン・暮らしに関することすべてに積極的に取り組んでいます。
2009年に、事務所と自宅を国立ハウスに移転し、使い心地・住み心地を日々検証しています。
2015年に、家具デザイン製作の大原 温 / campと共同で、
プロダクトのブランド SAT. PRODUCTS(www.satproducts.net)を立ち上げました。

Profile

東端 桐子

東端 桐子

Kiriko Higashibata

1971
京都生まれ
1994
京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科 卒業
1994
篠原一男アトリエ 勤務
1996
難波和彦+界工作舎 勤務
2003
ストレートデザインラボラトリー 設立

Process

設計の流れ

1 ご相談

まずは気楽にご相談ください。
家づくりのこと、家族のこと、趣味のこと、将来のこと。
お会いしてお話しましょう。

2 提案書の作成

1ヶ月程度
(提案書作成費:10万円+税)

規模・予算・どのような建物をご希望されるかをうかがい、敷地や法的な条件を整理して提案書を作成します。
土地をお探しの場合はアドバイスやお手伝いもいたします。
提案書をもとに、ご依頼いただくかどうかをご検討ください。

3 基本設計

1〜3ヶ月程度

提案書をもとにして打合せをおこない、
基本図(概要書・平面図・断面図・立面図・仕上表)をまとめます。
プランやイメージなど建物の基本となる概要を決定します。

4 実施設計

3ヶ月程度

内外装の仕上げ・構造計画・設備計画など
さらに細かい内容について検討を進め、施工会社が見積や工事を行うために必要な実施図を作成します。

5 見積・見積調整

1〜2ヶ月程度

実施設計がまとまった段階で施工会社に見積を依頼します。
提出された見積書の査定をし、必要に応じて変更案・減額案を作成して、工事金額を調整します。

6 確認申請

1ヶ月程度

建築確認に必要な図書を作成し、確認検査機関に建築確認を申請します。

7 現場監理

6ヶ月程度

工事金額がまとまり確認済証が交付されましたら、お施主様と施工会社のあいだで工事契約を結び、着工します。
着工後は施工図の検討、設計図書の通り施工がなされているかどうかの確認、段階に応じた諸々の検査をおこない、報告いたします。

8 竣工検査・引渡し

確認検査機関による完了検査、施主検査をおこない、指摘事項を是正します。完了後に晴れてお引渡しとなります。
竣工の1年後には1年検査を行います。
その後のメンテナンスについてもいつでもご相談ください。

設計監理料

新築の場合は、工事金額の12%程度
リノベーションの場合は、工事金額の15%程度

  • ※ 設計料には構造設計料、確認申請の手続費用が含まれます。
  • ※ 提案書作成費は、設計監理契約に至った場合、設計監理料に含めます。
  • ※ 遠方の場合、交通費をいただく場合があります。